先生と子供

特例制度を活用しよう

幼保特例制度とは幼稚園教諭免許或いは保育士免許の片方を取得している人が、規定の単位を取ることでもう片方の免許を取得できる制度です。放送大学でも保育士免許を持ち、実務経験がある人を対象に幼稚園教諭免許を取得できる制度を採用しています。

勉強する人

就職活動のためにも

ビジネスにおいて必要な資格は数多いです。また、就職活動にも、取得している資格はアピールポイントになります。独学で勉強することもできますが、スクールでは試験に合わせてカリキュラムが作られているので、計画的に勉強したい人におススメです。

婦人

保育者になるための学校

保育士になるため大学で学ぶ場合、卒業と同時に資格が得られます。学内で専門教育を受け、また実習で知識を活かす場面もありますので、実践的な学びができるのもメリットです。保育士以外の資格を取得するためのサポート体制があったり、就職のためのバックアップが期待できたりするのも大切です。

誰でも受験できる士業

男女

書類を代理に作成する仕事

行政書士の資格を取得すれば、当然行政書士としての活動を行なうことができるようになります。行政書士とはどのような仕事になるのかといいますと、街の法律家と呼ばれる立場となり、官公署に提出しなければいけない書類の作成や、権利義務などに関わる書類作成や提出手続きの代理を務める役割を担います。つまり役所に届けなければいけない書類作成を依頼されることで代わりに作成し、提出する仕事になります。遺言書や相続の権利義務に対応し、契約書などを作成するなどその仕事は意外と数多いものです。行政書士の資格取得を目指すのであれば、誰でも受験することは可能となっています。サラリーマンでも仕事をしながら勉強して取得する人もいますし、専業主婦でも学生でも、定年を迎えた人でも誰でも取得可能で、受験資格はありません。自己破産した人は受験することは可能ですが、しばらく活動することはできませんが、何ヶ月か経って復権手続きを行なえば活動可能となります。その行政書士の資格を取得するためには、行政法はもちろんのこと、憲法や民法の知識も十分に備えておかなければなりません。試験にしっかりと出題されるので、行政法だけ習得すれば良いものではありません。毎年試験問題は変わりますが、どのような問題が出題されたのか裁判員裁判についてや行政規制についてなどジャンルによって表に表している参考書もあり、それらを参考にしながら勉強すると出剤される問題がおおよそ理解できるようになります。