保育者になるための学校

婦人

実践的かつ充実の支援体制

保育士になるための大学には4年制・短期・専修大学などありますが、いずれにしても卒業と同時に資格が取得できます。通常は保育士資格を得るためには資格試験に合格する必要がありますが、大学に通えば受験の必要がなくなります。だからと言って試験合格者より知識面で劣るということはなく、専門の教育者から学べる科目、保育園や児童福祉施設での実習を通して確かなスキルが身につけられます。また、大学のなかには合わせて幼稚園教諭の免許を得られるところもありますので、こうした大学で学べば卒業後の進路の幅がより広がります。資格取得のサポート体制も重要です。保育士になるにしても、関連する資格を持っておくと後々役に立つことは言わずもがなです。ビアヘルパー、こども環境管理士などの資格を大学で取得しておけば、就職活動にも実際の仕事にもきっと活かせます。周囲に同じ保育士を目指す同志がいるわけですから、勉強に対する意欲も湧きやすいでしょう。合わせて就職面でのサポートにも注目です。大学の就職課などを活用できるのが強みとなります。大学には就職のための何らかのノウハウを持っていますので、これを上手に利用すれば希望の条件に合う保育園を探したり、そこに就職したりできます。個人で就職活動する場合と比べて明らかに有利な条件で活動できます。大学では学費がかかってしまいますが、将来のことを考えると大学で学ぶことはとても意義のあることです。